rFactor/【突発企画】写真コンテスト結果発表

rFactor放送で7月13日(土)に開催した写真コンテストの結果をこちらに掲載します。自由自在なカメラアングルで撮影できるのもrFactorの魅力の一つですし、さらに撮影したスクリーンショットに加工を加えることで、まるでプロが撮った写真のようなクオリティに仕上げることもできます。そんな新たなrFactorの楽しみ方を提案すべく開催した第1回目のコンテストでした。

今回の審査はニコ生リスナーの方にアンケート投票を行い、その結果のみで優勝作品を決めるというもの。見事34.40%のリスナーに選ばれた優勝作品は…、

優勝:霊苗さん 34.40%(写真上)

REDBULL RX-8 vs MONSTER MUSTANG、完全に雰囲気はFORMULA Dですね。そして霊苗さんと言えば、ペンタブレットを使った手書きを得意とする方です。ボディの細かい擦り傷、汚れや、ネオン管のようなライト、そして煙の増量等も手書きと推測されます。文句無しの優勝作品でしょう!

そんな霊苗さんのニコ生放送ではそのテクニックを余すところなく紹介していますので、参考にされたい方は是非ご視聴ください。

http://com.nicovideo.jp/community/co1901347

 

さて準優勝は…

準優勝:dangb5x3さん 21.87%(写真右)

これは意表を突かれました。なんとかJさん大好物Transfagarashanでしょうか。このコースをまさかバスが走るとは…。rFactorとは思えない、のどかな日常風景を再現し、まるで海外旅行に行って現地でパチッと撮ったかのような作品に仕上がっています。

さて次は同率3位だった2人です。

3位:GTNAOさん 12.54%(写真上)

3位:みっちゃん38さん 12.54%(写真左)

 

GTNAOの写真に映るこの2台。気付いた方もいるかもしれませんが、このコンテストの前週に開かれたスキンの大会「ぼえっち賞」の決勝戦を戦った2台の勇姿です。ですので写真の素材としても申し分なく、それがGTNAOの色調補正や手書きの加工によって何とも言えない決勝戦のピリピリとした緊迫感、臨場感が演出されています。

 

みっちゃん38の写真、これは一瞬目を疑ってしまいましたが不真面目なみっちゃんが作ったとは思えないクオリティですよね。被写体の動きに合わせてカメラを動かし、シャッター速度が追い付かずに背景だけ横方向にブラーが掛かっているのが分かると思います。この作品からは相当のセンスと技術が感じられます。話変わりますがみっちゃんの作品にはかならず宣伝要素が含まれており、今回はどこに隠れている?と探すのが恒例になってきました。今回も右上に注目、安心と安定の宣伝乙でした。ただ今みっちゃんは備北ハイランドを制作中です。応援よろしく!

※みっちゃん38投稿動画「rFactor Bihoku WIP マグナムトルネードをしないでください」はこちら⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm21148609

さてここからもエントリー作品の紹介です。写真右は、絡まり先生の作品。
SUPRAをこよなく愛する絡まり先生。撮影場所はrFactor唯一の高速道路Miselukで深夜でしょうか、これからゼロヨンでもやるような雰囲気。手書きの文字も遠近感があって写真の中のオブジェクトとして溶け込んでる感じがいいですね。

個人的には、まず色合い的に明け方の青系の背景に金色のTOPSECRET SUPRA、それがバーンナウトをしていたら画的に面白いかも…なんて思ってみたり。

写真左は、nisumo999さんの作品。何と言っても、あのTEAM A.Sのウェブサイトデザインを手掛けていることもあり、そのエフェクト技術は本大会No.1と言っても過言ではありません。近年外国のMVでは流行っている横長のライトフレアや、炎との合成の仕方も自然で、画像加工ソフトを使いこなしているのが分かります。被写体のマシン2台をカメラの中心から意図的に外すというカメラの構図も絶妙なバランス。

唯一悔やまれるのはこの2台のボディが無地だったということ。もし凝ったスキンを貼っていたら、多くのリスナー達の心を掴んだかもしれませんね。

そんなわけで第1回の写真コンテストお疲れ様でした。またやりますので、どしどし応募してくださいね。